MENU

【京都で転職エージェントを選ぶ際にはどのような基準を設けると良い?】
基本的には本来の目的の明確化が重要となります。営業職として京都の転職エージェントに登録する場合は、まず大手企業の転職先を提案しているところを選ぶことが一番かと思われます。聞いたことがある、CMで見かけたことがある企業というのは、広告費用を出すことのできる大きな企業で、かつ他の企業との繋がりも大きい企業だと認識できると思います。
そこでまず参考としてそのような転職エージェントに登録してみることから始めても良いかもしれません。
【転職エージェントは的確なアドバイスとマッチングを提案してくれる場】
 転職エージェントといっても今日ではたくさんの企業が京都で同様のサービスを提供しています。そのため迷ってしまうことが多々あるかもしれません。そこで京都という地域で営業職に絞ってさがす場合は、やはり転職先での上司とのコミュニケーションやマッチングなどをご自身で考える必要が出てくるでしょう。
何を重視した転職かという点では、本人でも言葉にできていない場合、冷静に理解しているつもりでもアドバイスがあれば考え方が変わる場合なども出てくるかもしれません。そのためご自身にとって的確なアドバイスとマッチングを提案してもらえる転職エージェントを選ぶべきかと思います。
【複数の転職エージェントは情報収集という意味でも必要なスキル】
 やはり転職する際には、様々な情報収集方法を身につけていかなければなりません。それはご自身が本当に良かったと思える就職にたどり着けることが着地点になるからです。そのためには、偏った情報の収集方法や、偏った転職エージェントの提案だけではミスマッチが起きた時には、後悔が生まれてしまいます。本来こんな予定ではなかったという本末転倒にならないためにも複数の情報網から選択すべきだと考えられます。
そのためにも複数の転職エージェントからご自身にあった会社を見つけることがゴールに近づく一歩になるでしょう。それは営業職であれば情報収集という意味でも必要なスキルにもなると考えられます。
【転職エージェントは信用できない?】
転職エージェントは信用できないという人もいらっしゃるかと思います。あくまで転職する人間は自分自身ですので、そこに企業間の繋がりがある場合には余計に心配になることが出てくるのかもしれません。
もちろん全てが信用できるものではないという認識は、営業職を探すにあたっては大切な疑問の持ち方、考え方であると思います。しかし自己分析という点では、自分の理解できていない(知らなかった)部分というものが少なからず存在していること点に目を向けてみることも大切かもしれません。
そこに気づくきっかけになればプラスになる要素は少なからずありそうです。
【転職のミスマッチを防ぐ対策は?】
転職のミスマッチを防ぐ方法は、やはりご自身が営業職にこだわっていることへの理解、また京都という地域性を生かした転職エージェントとを利用することだと思われます。本当は営業職は嫌いだけれども仕方がないという選択であれば、後々後悔やミスマッチが起きることはたくさん出てきます。もちろん転職も重要視する点は個々で異なりますので一概には言えません。
そのためにも転職エージェントでは、一つの会社に絞った就職先の提案ではなく複数の提案を行うところが少なくありません。少なくともミスマッチは、採用側、仲介である転職エージェント、転職する人全てが望んでいないことだと思います。

そのようなことにならないように、営業職としてご自身で情報収集することはもちろん、ご自身で納得した就職先を探すことを大切にすることが、「ミスマッチを防ぐ対策」になるのではないかと考えます。